インプラント

インプラント
11 /20 2013
こんにちは。なまため歯科医院です。

虫歯や歯周病で歯を失いそのまま放置してしまうとそのスペースを埋めようと歯が伸びたり傾いてしまいます。それに骨が収縮するので顎のラインが後退しシワが目立つようになり老けた印象を与えてしまいます。
そのためブリッジや義歯(入れ歯)、インプラントいずれかの治療が必要です。
ブリッジは両側の健康な歯を削らなければいけませんし、義歯は喋りにくいし違和感があります。
でもインプラントは恐い。と考えている方も多いのではないでしょうか。
まずインプラントについて説明します。

インプラントとは歯がない部位の顎の骨にチタンでできた人工の歯根を埋め、その上に人工の歯を固定します。チタンは咬合力に耐えられる強度があり、生体親和性が高く、骨と結合します。
インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで適応できる治療方法です。

治療の流れ
①歯周病やお口全体のチェック、CTスキャンでお口の中を立体的に把握します
②手術
 器具や術者も十分消毒し、部分麻酔や笑気麻酔を使用するので痛みはありません。
③3ヶ月後二次手術、型取り
 歯肉に埋まっているインプラントをウォーターレーザーを使い歯肉から出します
 型をとり技工所で人工歯を作ってもらいます
④人工歯SET
⑤メンテナンス

Before
インプラント1
After
インプラント2
まるで天然歯のようで自然ですね。
しっかり固定されているのでガタツキなどの不具合もありません。
手術も最初は緊張されてますが想像してたよりも簡単に終わり、それほどでもなかったとよく聞きます。
これで終わりではありません。定期的にメンテナンスを受け歯周病よ予防しましょう!!






コメント

非公開コメント

ROCKN RYO