あいうべ体操と当医院の矯正

矯正
03 /18 2016
最近 あいうべ体操というのが 流行ってきています。
鼻呼吸で 病気は全て治るとか免疫力を上げて病気を 治そうという考え方です。
なんとこの方が 歯医者ではなくお医者さんなのです。
福岡で開業されているようです。

これは なまため歯科医院で ずっと行っている健康な歯を抜かない矯正と同じ考え方です。
常日頃 呼吸が 楽になる矯正を 謳っています。
また 更に 筋機能訓練によって 舌の癖を直す事が 歯並びに関係するのです。

一番良くないのは 口呼吸です。そこから 舌の使い方が 間違っているのです。
舌の使い方が 悪いと歯並びは 悪くなります。

目指しているのは 鼻呼吸なのです。

口を開いていると前歯が 出てきてしまうのです。

また 唾を飲み込むやり方が 違う人が 多いです。
唾を飲むとき 舌が 歯の間に出てきてしまうのです。

また 舌が 常に 下がっている人も良くないです。

そのくせを 直すだけで歯並びが 治った方もいます。

最新の健康を目指す矯正は その辺を最重要視しています。

反対の噛み合わせ

矯正
03 /16 2016
2日連続 反対の噛み合わせの患者さんが 来ました。
一人は 6才 一人は7才です。
お母さんは やはり 近くの歯医者で 様子を見るように言われたそうです。
反対のかみ合わせ(反対咬合)は もっと早くしないとまずいです。
何故かというと
 歯の問題では ないからです。
歯ではなく 上の顎の骨が 前に成長できなくなっています。
今回のお子さんも二人とも 上顎の骨の方が 下顎の骨よりも引っ込んでいました。
ということは 見た目が 鼻の下が凹んだようなお顔に なっているのです。
できれば 5才ぐらいから 矯正を した方が良いです。
小学生の間に上顎が 前方に 成長できないと顔が よくなく 後から 取り戻すことは 難しくなります。
骨の発育は 止まってしまいますので 
いち早く 治療を開始することを お勧めします。

健康な歯を 抜かずに矯正

矯正
03 /14 2016
今日は 矯正のお話です。
一般的に 矯正は 乳歯が 全部抜け変わってから 考えましょう。それまでは 様子を みましょうというのが
多いと思います。
僕も歯科医師に なった頃は 大学で教えてもらったように そう思っていました。
しかし 今から25年前ぐらいに 顎関節症と噛み合わせという問題が クローズアップされ 当時勤めていた
鶴見歯科医院でも 勉強会や議論が色々と されていました。
顎関節症を 治すには 噛み合わせを 上げる必要が ありました。
噛み合わせに プラスチックや金属を 貼り付けたり 色々と考えて 苦労していました。
そこで やはり 自分の歯が一番ではないかということで 矯正によって 歯を移動したほうがいいのでは
という結論に 達しました。
しかし 一般的な矯正は 生えたばかりの健全な小臼歯を 4本も抜くのが 普通でした。

これは 抜いたら 口の中は 狭くなるし 噛み合わせも低くなる。抜いては よくないなと
思いました。
ちょうど 自分の娘が 歯並びが 悪くなりそうで 今のうちになんとかしたいと思い 講習会を 探しました。
すると あるではないですか! 大学とは 違った方法で 矯正を やっている臨床医が。
そこで あらゆる講習会に行きまして 歯を抜かない矯正を 行っております。
行き着くゴールが
 全く 違うのです。
歯を 抜くのは 一種の美容矯正です。そこが メインです。
口元を 引っ込めることに こだわります。

一方 抜かない矯正は 呼吸のしやすさ 口の中の広さ その人自身の持つ 本来のお顔を 尊重して行います。
見た目は もちろん よくなります。
健康が 第一という方向です。

なかなか みなさんには わかりにくいと思います。
元々 矯正は 大学によって やり方が 違い 流派も色々なのです。
ある意味 まだ 確立されていないのです。

ヨーロッパでは 小学生低学年の子供の頃から 歯並びを 広げて矯正するのが 多かったのです。
今 一般的な矯正は アメリカ式なのです。
今は 更に 新しい方法が 開発されて より歯を 抜かなくても矯正が できるようになりました。
ぜひ ご相談ください。

矯正の講習会に行ってきました!

矯正
03 /04 2016
カリエールディスタライザーの講習会に行ってきました。
講習会カリエール
賀久先生と写真を撮らせていただきました!
 賀久先生と

5年ぐらい前にも受けた講習会なのですが。進化していました!
当時は 半信半疑で やり方が 一部 ゴムが弱かっただけでした。
もっと 早く知りたかったです。
これは 画期的な方法です。

カリエールというのはスペインの先生の名前です。賀久先生は スペインにも行かれて ずいぶん前から治療に利用していらっしゃるのです。

私の目指す健康な小臼歯を 抜かないという矯正に 非常に 援軍になる方法です。
今までよりも 矯正の期間の大幅な短縮が できます。

いわゆる 下顎が 後方に下がっている方に 有効です。
下顎が 下がっていると呼吸が苦しいです。
見た目も良くないですが まず 健康な気道の確保が 大切です。

今日からの臨床が 大きく変わります!

賀久先生の息子さんは 先生のご趣味のウインドサーフィンを 次いで 
昨年はなんと マウイの大会で優勝してしまったそうです!
地元の新聞に載ったそうです!
今では 息子さんに 勝てないと嬉しそうに嘆いていました。

顔のゆがみ

矯正
02 /18 2016
こんにちは 皆さんは ご自分の顔のゆがみに
気づいていますか?
 よーく 鏡をみてください。 左右の目の大きさは 一緒ですか?
目と目を結んだ線は まっすぐですか?
鼻筋は まっすぐですか?
頬のふくらみは 左右同じでしょうか?唇は 笑った時 水平になっていますか?
などなど
 よーく見ると結構ゆがんでいると思います。
では なぜ そんな風に なってしまったのでしょう?

実は 寝相や頬杖などの何気ない姿勢が 顔や体をゆがませているのです。
特にうつぶせ寝は ひどく顔を ゆがませます。

一昔前 よく絶壁という表現で 頭の形を 言っていた時代が ありました。
頭の後ろが まっすぐに 真っ平らになってしまった頭です。

では うつぶせ寝ですと顔は どうなりますか?
左右どちらかに向けると思います。
ということは どちらかのサイドが 一晩中 押され続けるということです。
頬が 押されて凹み 歯も押されて倒れこみます。
当然噛み合わせも悪くなり低くなり 口の中 舌の居場所も狭くなってしまいます。
美容にもよくないのですが 噛み合わせや顎関節にも悪影響があります。
ぜひ 日常のご自分の癖に気付いてください。

私自身 脊柱管狭窄症です。
腰椎の4番と5番が づれてしまい この4年間 足のしびれと戦っています。
この原因は 歯医者の診療時の姿勢が大きく関わっています。
大学時代は 軟式テニスをやっていました。この10年は 地区の歯科医師会で ピッチャーをやっていました。
その時結構 昼休みも公園に行って投げ込みをしたり 一生懸命やってしまいました。
これが とどめになったようです。手術も予約まではしましたが、やはり怖いので 色々な整体に行って
なんとか しのいでいます。

ROCKN RYO